美容皮膚科の乳首の黒ずみ治療・トレチノイン・ハイドロキノン

美容皮膚科や美容クリニックなどが日本全国にありますが、乳首の黒ずみ治療を実施しています。その中にはいくつか選択肢がありますので、医者と相談してどれで対処するか慎重に見極める必要があります。その中でもポピュラーな治療法として、トレチノイン・ハイドロキノンがあります。トレチノインとハイドロキノンという美白作用に効果の期待できる成分を使って治療します。トレチノインは肌のターンオーバーを活性化させることですでにできているメラニン色素を薄くしていきます。一方ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれていて、黒ずみの原因となるメラニン色素ができにくくするので予防効果が期待できます。トレチノインとハイドロキノンはそれぞれ別のクリームになりますが、大半の美容皮膚科でもセットで処方・治療することが多いです。併用することで、効果がより高まるとみられています。ただしいずれの成分についても、赤みやかゆみのような肌トラブルの副作用のリスクはあります。もし気になる症状が出れば、速やかに使用を中断し医者に相談したほうがいいでしょう。

美容皮膚科の乳首の黒ずみ治療・ケミカルピーリング

すでにできてしまっているメラニン色素を取り除くために、ケミカルピーリングを行っている美容皮膚科も見られます。これは古くなった角質をはがす手法で、メラニン色素の含まれている皮膚を取り除くことで乳首の黒ずみを薄くしていこうというものです。また角質をはがすことで、肌のターンオーバーを促進する効果も期待できます。すでに乳首が黒ずんでしまっている人がケミカルピーリングの治療を受けることで、徐々に黒ずみを薄くすることも可能です。また古くなった角質がはがれることなく残り続けていると、どうしても肌がごわついたような感じになります。このようなごわつきもケミカルピーリングを行うことで、すべすべの柔らかい乳首になっていくでしょう。ケミカルピーリングはほかの治療法と併用することも可能です。美容皮膚科の中には先に紹介したトレチノイン・ハイドロキノン療法と一緒に治療している傾向も見られます。

美容皮膚科の乳首の黒ずみ治療・レーザー治療

美容皮膚科の中には乳首の黒ずみ治療として、レーザー治療を導入しているところもあります。レーザーを照射することで黒ずみの原因であるメラニン色素を除去する効果があります。従来はQスイッチYAGレーザーが定番でした。しかしこの方法は1回当たりの効果はそれほど大きくありません。何度も治療を繰り返していく中で、徐々に色素が薄くなっていくような感じでした。しかし最近ではピコレーザーという最新鋭の治療を採用しているクリニックも出てきています。これは従来と比較すると、効果が高いです。人によっては1回レーザーを照射しただけでも乳首の黒ずみが解消され、きれいなピンク色に変身できるといわれているほどです。ただし治療中は若干痛みの発生する可能性があります。イメージとしては、ゴムではじかれたような痛みと思ってもらえればいいでしょう。我慢できないような痛みでは決してないものの、中には痛みに敏感な人もいるでしょう。その場合にはクリニックによっては、麻酔クリームを前もって縫って痛みを鈍麻させる対処をしているところもあるようです。また治療後1~2週間は黒ずみが悪化したように見えたり、バストトップが赤くなったりすることもありますが一時的なものでしばらくすれば治まってくるはずです。