乳首の黒ずみが起きるメカニズムを理解しよう

乳首が黒ずんでいると恥ずかしい、コンプレックスになるという女性も多いでしょう。乳首の黒ずみを解消するためのクリームや美容クリニックなど、いろいろな方法は紹介されています。しかしそもそもなぜ乳首が黒ずむのか、そのメカニズムについてよく知らないという人もいるでしょう。乳首の黒ずみを確実に解消したければ、そのメカニズムについて正しく理解することが重要です。そもそも乳首が黒ずむのは、日焼けで黒くなるのと一緒でメラニン色素が分泌されるからです。メラニン色素は紫外線など外部の刺激から肌を守るために分泌されます。このメラニン色素が多く分泌されると、その部分がより黒く変色します。メラニン色素はメラノサイトという組織で作られます。つまりメラニン色素が分泌されるのは、外部から乳首が何らかの刺激を受けていることが原因となります。よって乳首を外部の刺激から守ることができればメラニン色素が分泌されにくくなって、乳首が黒く変色する可能性も低くなるわけです。ちなみに乳首の黒ずみは、ホルモンの影響によるケースもあります。妊娠した経験のある人は、妊娠中、乳首が黒くなった方も多いでしょう。これは妊娠したことで従来のホルモンバランスが崩れたことで、メラニン色素が従来よりも多く分泌されたことが影響しています。赤ちゃんがこれから乳首を吸うことになるので、この刺激から守るためにメラニン色素が多く分泌されるとみられています。

乳首の黒ずみが起きる生活習慣の注意ポイント

乳首の黒ずみはメラニン色素が過剰に分泌されることによっておこることはお分かりになったでしょう。ではなぜメラニン色素が多く分泌されるのか、それは外部の刺激から守るためです。では具体的にどのような刺激が普段考えられるでしょうか?それは普段何気ないことも多く含まれます。例えば、今身に着けているブラジャーが合っていない可能性もあります。ブラジャーが小さすぎると、それだけ乳首と布の設置する頻度が多くなるので、刺激を受けやすくなります。逆に大きすぎてもブラのカップの中でも乳首が遊んでしまいます。体を動かすたびに乳首とブラジャーの布がこすれるような形になって、それが刺激となりメラニン色素の大量分泌を引き起こす可能性もあります。女性の中で自分の本来のサイズに合っていないブラジャーを身に着けている人は多いようです。下着屋で一回自分のブラのサイズをきちんと測ってもらったほうがいいでしょう。またお風呂に入るときに、体をゴシゴシ洗っていませんか?これも一種の摩擦になって、乳首の黒ずみを引き起こす可能性もあります。さらに乳首の黒ずみを起こしている人を見てみると、肌の乾燥している傾向も見られます。肌が乾燥しているのは、水分と油分が足りていない可能性が高いです。油分が足りていないと、バリア機能が十分でなくなります。つまり外部の刺激に対して乳首が無防備な状態になります。すると乳首を守るためにメラニン色素が過剰分泌されてしまって、黒ずみを引き起こしやすくなります。乳首の乾燥対策として、保湿をお風呂上りにしっかり行うことも大事です。また先ほども紹介したように妊娠すると、赤ちゃんの乳首吸いから守るためにメラニン色素が普段よりも多く分泌されることがあります。しかし妊娠による乳首の黒ずみは一時的なもので、赤ちゃんが離乳期になれば徐々に色も薄まってくるはずなので、あまり気にする必要はないでしょう。

乳首の黒ずみを引き起こす生活習慣に注意すべし

メラニン色素によって、乳首が黒ずんでしまったとします。ではずっとそのままかというと決してそうではないです。私たちの肌は乳首含め、ターンオーバーといって新しい肌細胞にどんどん生まれ変わっていきます。メラニン色素の分泌された肌もいずれは脱落していくので、乳首の黒ずみもターンオーバーによって通常は徐々に薄くなっていくものです。ところが乳首の黒ずみがなかなか解消されない人も少なからずいます。これは肌のターンオーバーがスムーズにいっていないことが関係しています。ターンオーバーが乱れる原因を探っていくと、生活習慣の乱れが密接に関係しているようです。睡眠不足が続いている、食生活の栄養バランスが偏っている、ストレスが過剰に溜まっているといった状況が続くと、どうしても肌のターンオーバーが乱れやすくなるので注意が必要です。もし乳首の黒ずみに長年悩まされている、美白クリームなどを使って対処しているけれども思ったような効果のない場合には、生活習慣の乱れを見直してみるといいでしょう。無駄に夜更かしをしないこと、栄養バランスの取れた食生活を意識してみること、ストレスを解消するために趣味に没頭できる時間を作ることなどできるところから対策してみるといいでしょう。