乳首が黒くなる科学的な理由|黒ずみでもう遊んでるとは言わせない!

乳首が黒ずんでいると遊んでいると思われる!そう思っている女性は多いと思います。男性も勘違いしています。乳首が黒いのには科学的な理由がありその原因を取り除けば黒ずみが解消できます。黒ずんでいるからと言って遊んでいるとはもう言わせない!

カテゴリー: 乳首の黒ずみ解消商品

乳首の黒ずみがコンプレックス…男性はどのように思うの?

乳首の黒ずみに対する男性のイメージはどんな感じ?

乳首の黒ずみについてコンプレックスを持っている女性も多いでしょう。なぜコンプレックスになってしまうのか、いろいろと理由があるでしょうが、「男性が見たらどうしよう…」という不安が根本にありませんか?もし好きな異性がいて、自分の乳首を見て冷めてしまうのではないか、このような不安を持っているとどうしても恋愛に積極的にはなれないでしょうし、好きな男性とお付き合いすることもできる、みすみすチャンスを逃すこともあり得ます。では実際乳首の黒い女性に対して男性はどのように思うのでしょうか?男性といってもいろいろな人がいますので一概にこうだとは言えないものの、やはりネガティブなイメージを抱く人が多いようです。乳首が黒ずんでいると、ピンク色のきれいな乳首の人もいるのでどうしても汚いと思われてしまいます。男性の場合、ビデオやグラビアなどで女性のヌードを見る機会も多く、ピンク色の乳首をした女性も目にする機会が多いでしょう。そうなると乳首が黒ずんでいると「ちょっと…」と感じる人もいるようです。

乳首の黒ずみへの男性のイメージは正しいの?

そして乳首が黒ずんでいる女性に対して男性が抱くイメージとして、もう一つ定番なのが「遊んでいるのではないか?」と思われてしまうのも見逃せません。男性によっては「遊びで付き合うのには都合がいい」と思うかもしれません。しかし恋愛まではOKであっても、いざ結婚となると「遊び人はちょっと…」ということになりかねません。また男性が自分のことを「軽い女」と思われていて声をかけられたとなると、女性にとってもちょっと微妙でしょう。まず経験人数と乳首の黒さとの関係ですが、はっきり言って何の関係もありません。まったくそのような経験のない女性でも乳首が濃い場合もありますし、アダルトビデオに出演して、数多くのカラミを取ってきた女優さんの中でもピンク色の乳首をしているケースもあります。中にはピンク色のカラーリングをしているとか、タトゥーを入れている女優さんもいるという話もあります。決して乳首の色と遊び人かどうかは関係ありません。しかしそのように男性に思われていると考えると、これもまたコンプレックスになりかねません。

男性にモテるために乳首の黒ずみの原因を理解する

このように男性のイメージの中には誤った認識から来ているものもありますが、決していいイメージを抱く人は多くないようです。ですからもし乳首の黒ずみに悩んでいるのであれば、対策を本格的に講じる必要があります。そのためにはまずなぜ乳首が黒ずんでしまうのか、その原因を理解することが大事です。何度も言いますが男性経験は乳首の黒さには関係がありません。乳首が黒ずんでしまう原因は、色素沈着にあります。肌が刺激を受け続けることによって、それから肌を保護するためにメラニン色素が作られます。メラニン色素が作られると、肌が黒く変色します。しかし本来これは一時的なもので、肌がターンオーバーすることで徐々に薄くなります。ところがこの肌のターンオーバーが正常に機能しなくなると、メラニン色素がなかなか取れなくなってしまい、乳首が黒い状態で定着してしまうのです。ですから黒ずみをケアするためには、肌ができるだけ刺激を受けないようにする、そして肌のターンオーバーを正常にすることを意識しなければなりません。乳首の黒ずみで男性に誤った印象を与えないようにするためにも、黒ずみケアは日ごろから気を付けておいた方がいいでしょう。

乳首の黒ずみを治療する場合にレーザー治療という選択肢も

乳首の黒ずみをレーザーで治療できる理由

乳首の黒ずみを治療している美容皮膚科の中には、レーザー治療に対応しているところもあります。すべての美容皮膚科で対応していないかもしれませんが、導入しているところも増加してきています。美容皮膚科の治療の中でもポピュラーなのは、塗り薬を使った方式です。しかしレーザー治療の場合、乳首にレーザーを照射することで治療するのが従来と大きく異なるところです。そもそも乳首の黒ずみは、メラニン色素が乳首の肌に分泌されることによって起こります。レーザーには、このメラニン色素を除去する効果があります。よってレーザー治療をすることで、黒ずみをなくして従来のきれいなピンク色に変えていく手法です。定番のレーザー治療はQスイッチYAGレーザーなのですが、メラニン色素を徐々に除去していく働きがあります。ですから乳首の色が納得できる程度の薄さになるには、5~10回程度施術を受ける必要があるでしょう。しかし最近ではピコレーザーがあります。これはより高い効果の期待できるレーザー治療で、1回の施術で自分の望む色に戻すことも可能です。

乳首の黒ずみをレーザーで治療するメリットは?

乳首の黒ずみをレーザーで治療する魅力は、やはり確実に黒ずみを薄める効果の期待できる点です。最新鋭の機器を使用すれば、1回の施術だけでも黒ずみを解消することが十分可能です。従来のレーザー機器を使った場合でも、どんなにかかっても10回前後で納得できる薄さに持って行けるでしょう。またレーザーを照射するのは、それほど長時間ではないです。だいたい1日当たりの施術時間は30分程度と思っておけばいいでしょう。都市部の美容皮膚科の中には、結構夜遅くまで営業しているところもあります。仕事をしている人でも、仕事終わりにちょっとクリニックに立ち寄って乳首の黒ずみをレーザー治療することも可能です。レーザーは脱毛などでも使われているので、ほかの施術で経験のある人もいるでしょう。このとき痛かったという人もいるかもしれません。乳首の黒ずみにおけるレーザー治療についても、ゴムではじかれたような痛みがあるでしょう。しかし最新鋭のピコレーザーを使った場合、従来の機器と比較すると痛みはかなり軽減できるといいますので、あまり心配する必要はないでしょう。

乳首の黒ずみをレーザー治療する場合の注意点とは?

レーザー治療は高い効果がありますが、注意すべきポイントもあります。まずは料金についてです。美容関係の施術は基本的に保険が使えないので、全額治療費は自己負担となりますのでどうしても高額になりかねません。レーザー治療も例外ではなく、1回当たりの費用はクリニックによって若干異なりますが3万円前後はかかると思ったほうがいいでしょう。もし10回施術を受けることになれば、30万円かかってしまいますので、決して気軽にポンと出せる金額とは言えないでしょう。レーザー治療を行った場合、かなり乳首の黒ずみを薄くすることが可能です。ただしどのような人でも確実に効果が期待できるというわけではないです。もしかするとあなたの体質には合わなくて、乳首の黒ずみが思ったように除去できなかったということもあります。確率は低いでしょうが、赤みが残ってしまう、かえって黒ずみがひどくなるということもないことではないです。クリニックの中には、思ったような効果がなかった場合には返金保証のついているところもあります。このようなところで治療を受ければ、万が一レーザー治療に失敗しても金銭面での損がなくなるので安心です。

美容皮膚科で乳首の黒ずみを治療する・どのような方法があるの?

美容皮膚科の乳首の黒ずみ治療・トレチノイン・ハイドロキノン

美容皮膚科や美容クリニックなどが日本全国にありますが、乳首の黒ずみ治療を実施しています。その中にはいくつか選択肢がありますので、医者と相談してどれで対処するか慎重に見極める必要があります。その中でもポピュラーな治療法として、トレチノイン・ハイドロキノンがあります。トレチノインとハイドロキノンという美白作用に効果の期待できる成分を使って治療します。トレチノインは肌のターンオーバーを活性化させることですでにできているメラニン色素を薄くしていきます。一方ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれていて、黒ずみの原因となるメラニン色素ができにくくするので予防効果が期待できます。トレチノインとハイドロキノンはそれぞれ別のクリームになりますが、大半の美容皮膚科でもセットで処方・治療することが多いです。併用することで、効果がより高まるとみられています。ただしいずれの成分についても、赤みやかゆみのような肌トラブルの副作用のリスクはあります。もし気になる症状が出れば、速やかに使用を中断し医者に相談したほうがいいでしょう。

美容皮膚科の乳首の黒ずみ治療・ケミカルピーリング

すでにできてしまっているメラニン色素を取り除くために、ケミカルピーリングを行っている美容皮膚科も見られます。これは古くなった角質をはがす手法で、メラニン色素の含まれている皮膚を取り除くことで乳首の黒ずみを薄くしていこうというものです。また角質をはがすことで、肌のターンオーバーを促進する効果も期待できます。すでに乳首が黒ずんでしまっている人がケミカルピーリングの治療を受けることで、徐々に黒ずみを薄くすることも可能です。また古くなった角質がはがれることなく残り続けていると、どうしても肌がごわついたような感じになります。このようなごわつきもケミカルピーリングを行うことで、すべすべの柔らかい乳首になっていくでしょう。ケミカルピーリングはほかの治療法と併用することも可能です。美容皮膚科の中には先に紹介したトレチノイン・ハイドロキノン療法と一緒に治療している傾向も見られます。

美容皮膚科の乳首の黒ずみ治療・レーザー治療

美容皮膚科の中には乳首の黒ずみ治療として、レーザー治療を導入しているところもあります。レーザーを照射することで黒ずみの原因であるメラニン色素を除去する効果があります。従来はQスイッチYAGレーザーが定番でした。しかしこの方法は1回当たりの効果はそれほど大きくありません。何度も治療を繰り返していく中で、徐々に色素が薄くなっていくような感じでした。しかし最近ではピコレーザーという最新鋭の治療を採用しているクリニックも出てきています。これは従来と比較すると、効果が高いです。人によっては1回レーザーを照射しただけでも乳首の黒ずみが解消され、きれいなピンク色に変身できるといわれているほどです。ただし治療中は若干痛みの発生する可能性があります。イメージとしては、ゴムではじかれたような痛みと思ってもらえればいいでしょう。我慢できないような痛みでは決してないものの、中には痛みに敏感な人もいるでしょう。その場合にはクリニックによっては、麻酔クリームを前もって縫って痛みを鈍麻させる対処をしているところもあるようです。また治療後1~2週間は黒ずみが悪化したように見えたり、バストトップが赤くなったりすることもありますが一時的なものでしばらくすれば治まってくるはずです。

乳首の黒ずみは美容皮膚科で治療する方法もある

皮膚科で乳首の黒ずみを治療する方法とは?

乳首の黒ずみは皮膚科で治療を受ける方法もあります。では具体的にどうやって黒ずみを解消するかですが、いくつかの治療法が検討されます。まずはレーザー治療を行う方法です。乳首の黒ずみの気になるところにレーザーを照射します。こうすることでメラニン色素を破壊して薄くしていくところです。レーザー治療の場合、高い効果が期待されていますがまだ一般的に広く浸透している治療法ではないです。ですから皮膚科の中には対応できていないところもあります。また1回当たり3万円前後の費用の掛かるのもネックになるかもしれません。そのほかにはハイドロキノンを使った治療法もあります。こちらの方が皮膚科の乳首の黒ずみ治療の中では一般的です。ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれているほど、黒ずみに対して効果が期待できます。ただし肌への刺激が強いので、敏感肌の人は肌荒れのリスクも起こりえます。トレチノインクリームは、乳輪の黒ずみ治療で使われることが多いです。先に紹介したハイドロキノンと併用する治療方針はしばしば見られます。

皮膚科で乳首黒ずみを治療するメリットは?

乳首の黒ずみを皮膚科で治療するメリットの中でも大きいのは、専門家の指導の下で対処できるところです。手軽に実践できる方法として、美白クリームを使って自宅で対策があります。しかし素人が行う対処策なので、本当に効果があるのか気になる、もし肌トラブルが起きたらどうしようという不安を抱えるでしょう。しかし皮膚科であれば、もし黒ずみ治療をしているときに何らかの問題が発生しても医者による適切な治療を受けられるので安心です。さらにどのような状態に持っていきたいのか、医者と相談しながら適切な治療の行えるのも魅力といえます。また自分でやるのと比較して、高い効果が期待できるのもメリットといえます。例えばハイドロキノンの配合されたクリームを使って治療する方法は、自分でもできなくはないです。しかし家庭用にハイドロキノンクリームは副作用のリスクのことを考えて、濃度を薄くしています。しかしプロ仕様のハイドロキノンクリームの場合、濃度を濃くしているのでより高い効果が期待できるわけです。

乳首の黒ずみ治療を皮膚科で行うにあたっての注意点

ただし乳首の黒ずみ治療を皮膚科で行う場合には注意が必要な場合もあります。その中でも注意しなければならないのは、乳首の黒ずみ治療は基本自由診療になってしまう点です。自由診療とは保険が適用されない治療のことで、治療費は全額自己負担となります。ですから先ほど紹介したようにレーザー治療3万円のように高額な治療費を負担しなければならなくなります。また一度に乳首の黒ずみを治療するのは難しいでしょう。定期的に通院して治療する形になりますので、仕事を持っている人はスケジュールの調整が厳しくなるかもしれません。また乳首の黒ずみを治療することになると、当然のことながら自分の乳首を医者などにみられることになります。これを恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。医者の診察を受けるにあたって、乳首の色を目で確認するだけでなく、触られることもあり得ます。女性の医者であればいいでしょうが、男性の医者の場合、抵抗感を覚える女性も出てくるでしょう。また中には治療の効果を証明するために、治療前と治療痕の乳首を写真撮影しているクリニックもありますので注意する必要があります。このような精神的な負担を受け入れられるかどうかは、あらかじめ自問自答しておきましょう。

乳首の黒ずみ対策をしたい!口コミの意見も参考にすべし

乳首の黒ずみは口コミの意見を参考にすべし

乳首の黒ずみがコンプレックスになっている人のために、いろいろな対策が紹介されています。手っ取り早い方法として美白クリームがいろいろと販売されているので、こちらを購入して自分で乳首に塗って対処する手法があります。そのほかには、美容クリニックなどに行って本格的な治療を受けることでコンプレックスを克服する方法もあるでしょう。しかしいずれも共通しているのは、それなりにお金のかかることです。お金を投じて、乳首の黒ずみが思っているように解消されなかったら、損した気分になるでしょう。乳首の黒ずみ対策を実践してみたいけれども、実際に行動を移す場合には二の足を踏んでしまう人もいるでしょう。その場合におすすめの方法として、口コミをチェックするアプローチがあります。インターネットを見ると、美白クリームや美容クリニックの治療についての口コミがいろいろと紹介されています。こちらの評価をチェックして、より乳首の口コミの解消される可能性の高い方法を絞り込んでみるといいでしょう。

乳首の黒ずみ対策で口コミを重視するメリット

乳首の黒ずみを解消するにあたって、美白クリームを使うにしろ、美容クリニックで治療を受けるにしろ、口コミをチェックするのはおすすめです。美白クリームのメーカーや美容クリニックでは自社のホームページを持っていて、いかに乳首の黒ずみを解消できるかについていろいろとアピールしています。しかしもちろん商品や治療法についてのデメリットに関しては紹介していないはずです。ところが口コミサイトでは、実際に商品や治療を使った人の体験談になります。ですから率直な意見が書き込まれていて、良かった点はもちろんのこと悪かった点についても記載されています。いいところも悪いところも両方いろいろと情報が紹介されているので、客観的に商品やサービスの評価をチェックできるのがメリットです。多角的な側面から商品やサービスを評価できるので、満足度の高い選択肢が選びやすくなります。

乳首の黒ずみ対策で口コミチェックする際の注意点

口コミサイトを見てみると、大半が匿名でだれでも自由に書き込めるようにしています。こうすることで、手軽に意見を投稿できるわけですが、その反面あることないこと書き込めるというデメリットもあります。ですからあまり情報をすべてうのみにしてしまうのも良くありません。例えば「効果がなかった」という口コミがあったとします。実際に効果がなかった可能性もありますし、まだ効果が現れる前に見切ってしまってあきらめてしまったケースも考えられます。また更に単なる逆恨みで文句をつづっている口コミ意見もあるかもしれません。逆にいい意見についてもすべての情報をうのみにするのは危険です。というのも時折、その業者のスタッフが自社の商品の印象をよくするために評価する口コミを投稿している場合もあるのです。匿名で簡単に書き込めるので、情報操作をしようと思えば簡単にできてしまいます。このように真偽の判断のできない情報もいろいろと投稿されていることを認識しましょう。正しい情報を得たいのであれば、複数のサイトの口コミ意見をチェックすることです。押しなべて評価する書き込みが見られるのであれば、ますその商品・治療法はやってみる価値があると判断しましょう。このように口コミの信ぴょう性について取捨選択する目を持つことも大事です。